金曜日, 9月 24
Shadow

ケア

注目されている介護医療院での仕事

新たな介護サービスの現場として注目が集まっている介護医療院は、まだ新設されたばかりの施設であるため多くの課題や問題、そして期待が寄せられています。そして、そんな介護医療院で働く介護職員の仕事に関しても、ほかの介護施設や介護サービスと違って明確な仕事内容や他の施設やサービスとの違いを確立させている最中です。 そんな介護医療院での介護士の仕事ですが、現状としては認知症患者をはじめとした在宅での介護が困難な高齢者に対してのケアに重点を置いています。その内容に関してはほかの介護施設や介護サービスと大きな違いはないものの、基本として介護医療院は在宅復帰を目指す施設ではないことからリハビリよりも精神的に安定して過ごせる環境作りやケアを重要視している傾向があるようです。 また、介護医療院での介護士の仕事は単純に高齢者のケアだけではなく、医師や看護師などの他業種との連携も重要なものとして考えられています。これはほかの介護施設や介護サービスにはない大きな仕事上での特徴であり、医療と介護がうまく連携できるのかどうかが今後の仕事での課題となっているようです。場合によっては介護職員と看護職員が意見の衝突をすることも珍しくはないものの、在宅復帰を目指すわけでないところからそこまで双方の目的が異なりにくく衝突しにくい部分も少なくありません。 このように介護医療院での仕事に関する現状はまだ模索している段階であり、今後介護医療院だからこその介護職員の仕事がどのようなものになっていくのかが期待されています。...