土曜日, 5月 8
Shadow

タグ: スキル

介護医療院で介護の仕事をするには

介護医療院は、医療と福祉の両方の機能が備わっている施設として知られ、様々な疾患の慢性期の患者や、経管栄養や中心静脈栄養など専門的なケアを必要とする患者が多く入所しています。こうした施設で介護職員として働く場合には、身体介護だけでなく、医師や看護師などのサポートを行う機会もあるため、柔軟な姿勢で仕事に取り組むことが重要となります。各地で評判の良い医療法人が運営している介護医療院においては、介護職員の質を高めるために、採用後に様々な形で研修を実施しているところもあります。そのため、医療現場で働いたことが無い人でも、研修を通じて業務に必要な知識や技術を身につけることが可能です。 介護医療院の介護職員に求められるスキルは、それぞれの施設の方針や入所者の病状などによって大きく異なります。そこで、少しでも仕事内容に興味があれば、施設見学をしたり就職相談会に足を運んだりするのもおすすめだと言われています。なお、入所者の数が多い介護医療院では、一人の介護職員が夜勤や宿直を担当する回数が多くなることがあります。なお、自分自身のライフスタイルに合う職場を選ぶうえで、就職相談会などのチャンスを利用して、スタッフの勤務体系について各施設の担当者に話を聞いておきましょう。その他、資格取得やキャリアアップを目指すために、なるべく将来に繋がる介護業務を担当できる介護医療院を見つけることが大切です。介護医療院で働いてみたい介護士におすすめしたいサイトがありますので、ぜひ併せて読んでみてください《「介護医療院」で安らぎのある生活を》...